画面上部へ

消費者に安心してエステティックをご利用いただくために、3つの「エステティック認証」活動を行う中立・公平な第三者機関です。

エステティックサロン認証 応募要項 2018年度申請用

申請事業者要件

エステティックサロン認証マーク
  • (ア) 事業拠点が日本国内にあること
  • (イ) エステティックサービス事業を1年以上営んでいること
  • (ウ) 申請事業者の名称が日本国内において1年以上使用され運営が継続されていること
  • (エ) 独自に消費者相談担当者(窓口)を設けていること
    また業界団体が開設している消費者相談窓口及び運営するサロン所在地を管轄する消費生活センター等より当該サロンに対する消費者生活相談内容の情報を定期的に収集し、サロン運営に反映させていること
  • (オ) 「風俗営業等の規制及び業務の適正化に関する法律第二条」に該当するいわゆる「性風俗関連特殊営業」の事業を営んでいないこと
  • (カ) 事業者の責任者または事業管理責任者は、当機構が主催する「経営者・管理者講習会」を受講し受講修了証を所持していること
    *申請時点に「経営者・管理者講習会」を受講していない場合は、次回開催の講習会の申込をし、そのコピーを提出すること。
  • (キ) 申請の日前3年以内に次に掲げる事由に該当していないこと
    • ① 公序良俗に反する事業を行っている
    • ② 反社会的勢力及び団体と関係を有する
    • ③ 解散または破産している(民事再生法・会社更生法・特別清算等の適用会社を含む)
    • ④ 補助、補佐及び後見の宣告を受けている
    • ⑤ 「特定商取引に関する法律第四十六条及び四十七条」に基づき指示・停止命令がなされている
    • ⑥ その他事業の運営に関わり行政処分・違法行為をしている
    • ⑦ 当機構における認証判定委員会において不適合の判定を受け、その後も認証の取得ができないまま改善計画を実行していないサロンを運営している
    • ⑧ 運用規程第三十二条の認証取消処分を受けたサロンを運営している

●「美容ライト脱毛」※1以外の光線を使用した脱毛、いわゆるアートメイク、まつ毛パーマを
  実施しているサロンはエステティックサロン認証基準の対象となりません
● ケミカルピーリングについては制限があります
● まつ毛エクステンションは、美容師が美容所で行う場合のみ対象となります

※1 当機構の定める「美容ライト脱毛」の定義は以下のとおりです。
「美容ライト脱毛」とは、除毛・減毛を目的に皮膚に負担を与えず毛の幹細胞を破壊しない範囲で、エステテティックサロンにおいて行われる光脱毛をいう。

申請の単位と種類

申請はサロン単位となり、以下の2種類があります。
※申請事業自身が経営していないサロンであっても百貨店等から業務委託されて運営している場合は、業務委託元事業者の審査協力の同意のもと申請事業者になることができます。

● 継続型サロン
エステティックサービスの提供期間が1か月(※1)を超え、かつ契約金額が5万円(※2)を超える契約取引で営業するサロン

(※1) エステティックサービスを提供するために必要な商品について1か月を超えて使用する量を販売した場合も該当
(※2) エステティックサービスを提供するに当たり販売した商品の金額を含む

● 非継続型サロン(都度払いサロン)
継続型以外の契約取引で営業するサロン。但し下記の(1)(2)を条件とします。
取得前
(1) 申請時に「継続型」による契約取引を行っておらず、今後も同様のエステティックサービスの提供は行わない旨を誓約した誓約書の提出が必要です。
取得後
(2) 取得後は「継続型」による契約取引を行うことはできません。営業形態を変更する場合は新たに「継続型」の認証取得が必要となります。

認証申請書類

提出書類
① エステティックサロン認証申請書類 提出書類確認表(当書面)
② エステティックサロン認証「受審申請書」…※定型書式
・サロン見取り図と施術を行う場所の写真、サロン入口付近の写真を添付してください。
(写真は裏面にサロン名を記入してください)
・複数のサロンを申請する場合は「申請サロンリスト」を添付してください。
③ エステティックサロン認証申請誓約書
…※定型書式 申請書類 ③-1 継続型又は③-2 非継続型
④ 施術内容に関する誓約書…※定型書式
⑤ 発行後3ヶ月以内の法人登記簿謄本(個人経営の場合は代表者の住民票)※法務局等でお取り寄せください。
⑥ 契約時に消費者に渡す資料1式 ※会社案内・会社概要(WEB のコピー可)・化粧品、商品カタログ等
⑦ 国民生活センター宛の PIO-NET 情報開示申請書…※定型書式
PIO-NET(パイオネット)とは、国民生活センターのホストコンピュータと全国の消費生活センターの端末を結び、消費者からの苦情・相談を集計分析し、提供するシステムです。
⑧-1 自社消費生活相談情報の提供についての同意書…⑧-1※定型書式
⑧-2 直近 1 年間の相談件数に関する報告書…⑧-2※定型書式
⑧-3 相談内容に関する報告書…⑧-3定型書式
⑨ 広告物(チラシ、フリーペーパー、ホームページ等)の直近3種類
⑩ 施術用顧客記録カード一式(コースカルテ)の記載済み書類コピーを 1 式
(個人情報部分はマスキング済のもの) 注意 初回来店時のアンケートではありません。
⑪ 概要書面及び契約書 【継続型のみ】
  未使用の書類1組と1名分の記入済み書類のコピー1組を各1部づつ提出してください。
  ※記入済み書面の約款面も含めてコピーし提出ください。
 (個人情報部分はマスキング済のもの)
⑫ 契約の際、消費者に交付する説明確認等の書類(説明交付確認書) 【継続型のみ】
  ※サンプル書式あり
⑬ 経営者・管理者講習会受講修了証明証のコピー
⑭ メニュー表のコピー <施術コース、関連商品一覧(推奨商品も含む)>
⑮ エステティック資格確認表(当機構が認証した試験制度の合格証を保持している確認)
  ※申請月の1日現在の情報…※定型書式 ★脱毛専用サロンは任意です。

美容ライト脱毛実施サロン追加提出書類

提出書類
脱① 美容ライト脱毛実施サロン誓約書…※定型書式
脱② 美容ライト脱毛技術者名簿…※定型書式
脱③ 美容ライト脱毛に使用する機器の取り扱い説明書*機器メーカー取り寄せ
脱④ 使用する機器メーカー所有の「エステティック機器認証書」のコピー又は日本エステティック振興協議会発行「美容ライト脱毛適合審査証明書」コピー
*機器メーカー取り寄せ
脱⑤ エステ保険チェックシート…※定型書式
脱⑥ 美容ライト脱毛注意事項・施術確認書…※定型書式
脱⑦ 使用する美容ライト脱毛機の正面写真及び認証シール及び適合シールのアップの写真

「美容ライト脱毛サロン認証申請中」ステッカー申請書類-1

提出書類
①「申請中ステッカー」申請書類 提出書類確認表(当書面)
Ⅱ 美容ライト脱毛実施申請書…※定型書式
  複数のサロンを申請する場合で上記申請書類に記載しきれない場合は
  「申請サロンリスト参照」と記載して下さい。
② エステティックサロン認証受審申請書…※定型書式
  ・サロン見取り図と施術を行う場所の写真、サロン入口付近写真を添付してください
  (写真は裏面に サロン名を記入してください)
  ・複数のサロンを申請する場合は「申請サロンリスト」を添付してください。
③ エステティックサロン認証申請誓約書
④ 施術内容に関する誓約書…※定型書式
⑤ 発行後3ヶ月以内の法人登記簿謄本(個人経営の場合は代表者の住民票)
  *法務局等でお取り寄せください。
⑥ 契約時に消費者に渡す資料1式 ※会社案内・会社概要(WEB のコピー可)
  ・化粧品、商品カタログ等
⑨ 広告物(チラシ、フリーペーパー、ホームページ等)の直近3種類
⑩ 施術用顧客記録カード一式(コースカルテ)の記載済み書類コピーを 1 式
  (個人情報部分はマスキング済のもの) 注意 初回来店時のアンケートではありません。
⑪ 概要書面・契約書コピー【継続型のみ】
  未使用の書類1組と1名分の記入済み書類のコピー1組を各1部づつ提出してください。
  ※記入済み書面の約款面も含めてコピーし提出ください。
  (個人情報部分はマスキング済のもの)
⑬ 経営者・管理者講習会受講修了証明証のコピー
⑭ メニュー表のコピー <施術コース、関連商品一覧(推奨商品も含む)>
脱① 美容ライト脱毛実施サロン誓約書…※定型書式
脱② 美容ライト脱毛技術者名簿…※定型書式
脱③ 美容ライト脱毛に使用する機器の取り扱い説明書 *機器メーカー取り寄せ
脱④ 使用する機器メーカー所有の「エステティック機器認証書」のコピー又は日本エステティック振興協議会発行 *機器メーカー取り寄せ
脱⑤ エステ保険チェックシート…※定型書式
脱⑥ 美容ライト脱毛注意事項・施術確認書…※定型書式
脱⑦ 使用する美容ライト脱毛機の正面写真及び認証シール及び適合シールのアップの写真

「美容ライト脱毛サロン認証申請中」ステッカー申請書類-2(申請後準備して下さい)

提出書類
⑦ 国民生活センター宛のPIO-NET情報開示申請書…※定型書式
PIO-NET(パイオネット)とは、国民生活センターのホストコンピュータと全国の消費生活センターの端末を結び、消費者からの苦情・相談を集計分析し、提供するシステムです。
⑧-1 自社消費生活相談情報の提供についての同意書…※定型書式
⑧-2 直近 1 年間の相談「件数」に関する報告書…※定型書式
⑧-3 相談「内容」に関する報告書…※定型書式
⑫ 契約の際、消費者に交付する説明確認等の書類(説明交付確認書) 【継続型のみ】
  ※サンプル書式
⑮ エステティック資格確認表
  (当機構が認証した試験制度の合格証を保持しているかの確認です。)
※申請月の 1 日現在の情報…※定型書式 ★フォトフェイシャル実施店も提出ください。
※現在、保有者がいない場合は、取得計画を立ててください。

申請受付期間

第15回 2018年7月1日~2018年  12月31日 (認証付与予定 2019年7月)
第16回 2019年1月1日~2019年  6月30日 (認証付与予定 2020年1月)
第17回 2019年7月1日~2019年  12月31日 (認証付与予定 2020年7月)

提出先(郵送)

〒102-0082
 東京都千代田区一番町 25-2 JCII ビル 5F
 特定非営利活動法人 日本エステティック機構
 エステティックサロン認証申請受付係

※応募書類については一切返却いたしませんので予めご了承ください。

認証諸費用(3か年分)

継続型サロン 非継続型サロン お支払時期
①審査申請費 43,200 32,400 申請受理時
②認証登録費 54,000 32,400 認証付与決定時
合計(3か年分) 97,200 64,800 -

※ 表示価格は税込みです。

①②の費用お支払については当機構より案内及び請求書を送付いたします。


よくある質問 認証サロン一覧